「意識構造学」識学を使った経営組織コンサルティング、管理者・従業員向け研修

Introduction Of "SHIKIGAKU"識学とは

人は思考の癖を持っており、それが、誤解や錯覚を発生させ、行動を阻害します。
さらに、組織内で誤解や錯覚が複雑に絡まった結果、組織のパフォーマンスを大きく阻害します。

識学は、ヒトの意識構造を対象に、徹底的に臨床を繰り返した結果、誤解や錯覚の発生要因とその解決策を解明しています。
そのため、識学を日々の行動や制度に反映することで、誤解や錯覚のない組織が構築され、パフォーマンスを劇的に改善することが可能です。
ヒトの意識は、大きく5つの領域に分けることができます。そして、ヒトはその5領域を消化し、行動を起こします。いずれかの領域で、間違った認識が発生すると誤った行動をとってしまいます。
充実した環境を構築することも、個々の能力向上を行うことも、それぞれの5領域を正しく認識させる前提がなければ、十分な効果は発揮できず、状況によっては逆の効果を導くことさえあります。
識学によって組織はどう変化するのか?

識学を使い、組織マネジメントをすることで組織にどのような変化が起きるのか?
弊社上席講師の梶山と、識学を使い組織マネジメントを実践された企業様のインタビューを御覧下さい。